忍者ブログ
[230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は六本木の某ヒルズでディア・ハンター見てきました。(いままでDearだと思ってたんですが、Deerでしたwああなんて無知なんだw)
最初のうちは結婚式やったり、狩りをしたり、日常シーンが多くて、これって戦争映画なの?って感じでした。
でもそれがベトナム行ってからになると、前置きは必要不可欠っていうのを思い知りました。
三人が捕虜になり、ロシアンルーレットをさせられる。ここと現実のコントラストが実に見事でした。
いままで戦争映画を見てて、怖いって感じることは殆ど無かったんです。でもこの映画は怖かった。

そしてその後の日常シーン。ここも素晴らしい対比。一応物語の中では2年くらいたってるようですが、客はさっきロシアンルーレットを見たばかり。
友人たちの温かい出迎えも受け入れられなくなる程のトラウマが見てる人にもよくわかります。
そしてラストまでの戦争に行った人たちの変化。戦争は戦いが終わればそれですべて解決するってわけでないことを、再び教え込まれました。
終わりの方の教会のシーンはこれまた結婚式との対比なんですね。
最後の最後まで戦争の傷ってのをまざまざと見せられました。

とにかく見に行ってよかったです。周りの戦争映画好きにも布教しなくちゃ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
taka519  
性別:
男性
職業:
学生
自己紹介:
趣味
野球(実際にやる<観戦)、
プラモ、ゲームなど
あとSTG,SLG,RTS,FPSが好き
アマチュア無線も多少できる?
あれ何このオッサン?

メールはこちらにmig29haorenoyome\gmail.com
\を@に変えてください。
かうんた
最新CM
[02/09 ありません]
[02/09 俺だ]
[03/13 DIGITAL]
[03/10 taka519]
[01/02 DIGITAL]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]